page top
楽しんでます
医療通訳コースも開始から4回目が終わりました。

コースが始まるまでは「こんな大変な勉強が一年も続くだろうか」
「お金を無駄にするのでは?」と心配ばかりしていました。

いざ始まってみると、クラスメートにも恵まれ、緊張感の中にも
楽しくクラスを受けています。

コース開始前に予告されていたとおり、一週間で覚える英単語は50個。
プラス、医師による問診や検査の英語表現が30個ほど。

そして医師と患者のやり取りのスキットをすべて自力で英訳して、
クラス内では流れてくる音声(医師⇒日本語、患者⇒英語)を
それぞれ英訳、日本語訳を逐次通訳します。
単語帳は見てもOKですが、あくまでも流れてくる会話をりテンションして
原稿を見ずに訳します。

家で繰り返し事前練習をしていくのですが、音声だけで
訳していくのはなかなか難しいです。
英日は比較的なれていますが、日英はこれから
喝を入れて練習しないと、モノになりません。。。

そんな中でも、「今日はどうしましたか?」とか、
「ベッドに仰向けに(うつ伏せに、左下に)なって寝てください」とか、
繰り返しでてくる表現はすぐに口に出るようになりました。

先回は整形外科で、骨の名前を山ほど覚えました。(^_^;)
単語はクラス冒頭にクイックレスポンスで確認します。
クラスメートはみんな、ほぼ完璧に覚えて覚えてくるので、
私もかなり必死で覚えます。本当にみんな、すごいです。
私は理解しないと覚えられないので、解剖図を参考にしながら
ビジュアル的に覚えてます。
人間、本気になれば結構なんとか覚えられるもんですね。

人体のしくみや、病気のしくみを学ぶのはとても
面白いと感じています。
今はインターネットでいろいろ見られるので
本当に助かります。

解剖や外科的な病気の仕組みが動画で立体的に
学べるのです。

先回やった椎間板ヘルニア(herniated disc, disk herniation)も
海外のサイトでヘルニアの仕組みを動画で見て
よくわかりました。

今週のテーマは「腹痛」です。
スキットがちょっと難しいので、1週間みっちり口馴しをして
授業に望みます!

あ、リーディングの宿題もあった。(^_^;)
やらなくちゃ!!

国際きき酒師のレポートもすべて提出しました。
あとは結果を待つだけです。
合格してるかな~??
page top
医療通訳コースが始まりました
先週土曜から医療通訳コースが始まりました。

1回目は医師による概論とオリエンテーションで、
まだ通訳練習っぽいことはしませんでした。
サイトラ(サイトトランスレーション)を少しやってみたくらいです。

次回からは内科系(発熱、感染症など)の講義と、
医療単語・表現の日英クイックレスポンス、
それから医師と患者さんのスキットの逐次訳出練習が
始まります。

次回のクラスはゴールデン明けなので、今回の
ゴールデンウイークはのんびりしてられません。

医療単語を覚えるのはかなり大変です。
日本語のほうに馴染みがないので、まずは
日本語を辞書や医学書で調べないと
理解できなのです。

たとえば今回は、発熱、咽喉痛という主訴で来院した患者さんを
医師が診断するというスキットです。

診断は扁桃腺炎で、英語ではtonsillitis。

この疾患をまず日本語の「家庭の医学」本で調べて、
そのあと英語の「家庭の医学」本でもう一度調べます。
アメリカのMerck Manualはいわゆる家庭の医学本で、
とてもわかりやすく、Web版が無料で見られるので
重宝です。

扁桃腺炎の記事から派生して、streptococcus(レンサ球菌)とか
strep throat(連鎖球菌咽喉炎)とか、bacteriaを殺傷する体の仕組みとかを
英語で読んで理解していきます。

高校生物を英語で勉強している感じです。赤血球とか白血球とか、血小板とか
習ったよな~ red blood cellは知ってるけど、医学用語ではerythrocyteって言うんだそうです。


それでも内科系はまだまだ序の口です。
整形外科になると、細かい骨の名前を英語で覚えるのですが、
聞いたこともないような骨の名前ばかりで、もう無理。
こんな単語、クイックレスポンスできません!!

・・・と、すでに落ちこぼれモードなのですが、40回全レッスン出席が
目標なので、単語が覚えきれてない時でも
とにかく出席する!

勉強のために医療系電子辞書とiPadもばっちり新調したので、
絶対最後までやりきります!

今回の熊本地震のニュースでは出てこないようですが、
怪我したり体調を崩して病院に行きたいけど
日本語わからない外国人の方々もいるんじゃないかと
気になってます。

今はまだまだだけど、一年後にはきっとそういう人たちの
役に立てるようになっていたいです。

熊本の被災者の皆さん、負けずに頑張りましょう!!
page top
医療通訳体験
きのう医療通訳体験に参加してきました。

通訳ガイドや会議通訳と違って
使う単語がわけわからないものばかりです。
そりゃそーだ。

そんな単語たちを1週間で50個ずつ覚えるのだそうです。
そもそも日本語だって医療用語で、聞いたことないような
言葉が結構たくさんある。日本語を覚えるのも大変そう。

解剖、生理学は日本人の医師が教えてくださるので
勉強すればなんとかなりそうです。
医大生になった気分で頑張りますか。。。

1年コースなので、最後までやりきるには
モチベーションを持ち続けることが大事です。

1年後、医療通訳士として活動している自分を思い描き、
4月からこのコースで頑張ります!
page top
春休み~
3月中旬から仕事が春休みに入りました。
今回は1ヶ月ほど休みなので、先週ハワイに行ってきました。

ハワイは初めてです。
海がとても綺麗で、気候もよくてすっかりリラックス。
楽しんできました。

でも「アメリカ」感は全くなし。
アメリカ本土とはずいぶん違う感じです。
海外旅行した感じがしません。ずっと英語で通したのですが。。。

日本ほど安全ではないのでしょうが、
のほほ~んとしてても大丈夫。
犯罪率はかなり低そうでした。

物価がかなり高いのは玉にキズですが
思いつきで行けるくらい気軽な場所です。
また行きたいです。

ちなみにご飯はまずいです。やっぱりアメリカ。
今回一番美味しかったのはchili'sというメキシカンレストラン。
ファミリーレストランですが、タコスとメキシカンサラダが
感動的においしかったです。ウエートレスのお姉さんも
とってもフレンドリーだったので、チップをはずんじゃいましたー!!

あと、コナコーヒーはかなり気に入りました。
ハワイのコーヒーは美味しい。コーヒー好きの私には
嬉しいポイントです。

911以降アメリカに行ったのは今回初めてですが、
セキュリティーがかなり厳しくなっていました。
「毎回これやるの~??」と思うとげっそりですが、
出入国審査さえ我慢すれば、滞在自体は天国です。


page top
国際きき酒師 レポート一回目提出
国際きき酒師の第一回目のレポートを
提出しました!

以前すでに日本語で得た知識や用語を
一つ一つ英語で確認しながら作成しました。

結構忘れていることがありました。
「山田錦」の生育条件。
男酒と女酒を分ける条件とは。

テキストはすべて英語で書かれていますが、
とてもわかりやすく、理解に苦しむことはありません。

テキストの最後には日本酒関連用語のglossaryがあり、これは全て英語で
暗記すべきところです。
単語の定義を覚えるのも大変ですが、
もっと大変なのは、お酒の製造プロセスの説明です。

農産物を使った発酵で、日本酒とよく比較されるのは
ワインですが、日本酒とワインでは製造プロセスが大きく違います。

これを頭に叩き込むのがけっこう大変。
ちょっと複雑なのです。
海外のお客さまには、ワインと比較して説明するのが
一番わかりやすいので、製造プロセスに違いは
重要なポイントです。

日本酒の種類もちょっと面倒。
生酒とか、無濾過とか、山廃とか・・・
製造プロセスが少しずつ違うので、
きちんと説明できるようにしっかり整理して覚えなくては。

そして最後にやって来るテイスティング用語。
特に味や香りの表現が幅広くて、覚えきれるか・・・
心配です。
でもテイスティングは日本酒に限らずワインでも
ビールでも、一番の楽しみであり山場なので
勉強と思わずに身につけられたらいいな・・・


このコースは合格できれば最速3ヶ月で修了。
私の場合は、4月中にすべてのレポートを提出して、
所定の成績を修めれば、「国際きき酒師」の称号が授与されます。

その後はこのコースを主催しているNPOに登録して
英語と日本酒に関わるお仕事を得たり、
自分で「Sake & Himeji Castle Tour」を企画して
通訳ガイド斡旋グループに登録して売り出そうか、
と思っています。

4月からは医療通訳のコースにも参加したいです。
こちらは一度見学してから決めようと思います。
医療通訳は専業にしなくても、勉強しておけば、ツアー中にクライアントが
病気になった時に慌てなくて済むので、役立つと思います。

今年の春からは英語にどっぷり浸かる生活ができそうです。

© 英語ときどきフランス語 Cafe. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG