page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
日本酒とチーズ、合います
日本酒、特に吟醸、大吟醸酒は今や
海外でも大人気です。日本酒メーカーさんの
努力の賜物です。

吟醸、大吟醸酒はそのまま英語になっています。
Ginjo, Daiginjo

精米度が50%以下の米を使用した酒を大吟醸、60%なら吟醸です。

英語で説明するときは、精米度の説明よりも、テイストの説明を
優先させたほうが喜ばれます。最も簡潔な説明は、
大吟醸:Super premiam sake, usually light and highly fregrant. Its rice polish rate is 50% or less.

吟醸 :Premium grade sake, usually light and fregrant. Its rice polish rate is 60% or less. 

その他、very fruity, its aroma is like apple or pineapple など具体的な特徴を付け足していくと
良いでしょう。両者の特徴は味自体は薄く、香りが高いことで、aromatic sakeに分類できます。

先日金沢で地酒を一本買ってきました。

金沢限定「幻の酒」(吟醸)というラベルに惹かれ。こういう謳い文句のつく商品は
たいてい眉唾物ですが、まあ、騙されたと思って買いました。

思っていたよりかなり辛口。菊正宗もタジタジか・・・
ハバネロが入ってるんじゃないかと思いました。そんなわけないか・・・

香りは吟醸だけあって十分フルーティ。アタックは結構強い。
含み香、旨みはしっかり残りました。
口に含んだ時は「純米酒?」と思ったのですが、違ってました。

吟醸酒は味の濃いおつまみはあまり合わないのですが、
このお酒はベビーチーズ・明太子味とぴったり!
めちゃ旨です。

日本酒とチーズのマリアージュにしばらく懲りそうです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© 英語ときどきフランス語 Cafe. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。