page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
教えるということ
かれこれ17年ほど前になるでしょうか。

ふとしたきっかけで英語teachingの世界に入りました。
何を血迷ったのか、大手英会話学校に履歴書を出したら
受かってしまいました。

職業として英語を教えるなんて、考えたこともなかった。
「先生」という職業は、私にとってlast jobで、
先生なんて一生なるはずのない、ありえない仕事だったのです。

それ以前に2つの会社を渡り歩きましたが、いずれも英語teachingとは
無縁でした。
人に何かを教えるなんて、やったこともなかったので、
最初は怖くて仕方なかったです。
個人レッスンならまだなんとかなったでしょうが、
15人ほどの大学生の前でレッスンすることになってしまって。。。

教えるために、文法を一から学び直し、教えながらすごく。。。
いえ、猛烈に勉強しました。
週末の徹夜勉強が何ヶ月も続きましたから。
受験の時にこれだけ勉強してたら東大に入れただろうに。。。
と思うくらい。
生徒さんは授業料を払って習いに来てるんだし、
私はお給料を頂いているのだから、それに見合う授業をしなきゃ、と
本当に必死でした。

今思うとこの時ほんとうに必死になって文法書を読みあさったのが
今につながっているんだろうと思います。

それでも、何年経っても自分の授業に自信が持てませんでした。

教えれば教えるほど、自分は本当に英語を理解できているのか、
不安になりました。

この時ほど「知っていることと教えることは全く別のことです」
ということわざが身にしみたときはありませんでした。
英語に受験参考書には必ずと言っていいほど出てくる例文ですね。
one thing, anotherを使った構文です。

そこで、教え始めるとほぼ同時に茅ヶ崎方式英語会で習い始めました。

生徒さんにより良いレッスンを提供するためには、自分も常に
学び続けるのが一番効果的だろうと思ったからです。

私が生徒の立場でい続ければ、いつも生徒目線に立って、
先生の授業をcriticalに見られます。

複雑な構文や文法をわかりやすく明解に説明するテクニックも
参考にできます。

自分より経験のある先生に習うことで、正確な知識が得られます。
あやふやなことがどんどんクリアーになっていきます。

teachingを始めてから、ずっと並行して英語を習ってきました。
今も茅ヶ崎方式は続けています。同時にCELのAdvancedコースをインターネット受講
しています。
両方とも内容はもちろん、講師の先生も素晴らしくて
私の理想の講師像です。

TOEICの勉強方法を考えて自分で試したり、通訳ガイドとしての経験が
レッスンに生かせればいいなと思います。

教えることは、同時に学び続けることです。
(頂いたお給料は全て自分が習うレッスン料に消えていきました。。。。)

どんなに知識があっても、良い授業はできないということを身をもって
経験しました。

生徒さんが「ここに習いに来てよかった」と思ってくださるには
本当に様々な技術が必要なのです。

3年ほど前から別の学校に講師の職を得て社会人に英語を教えています。
これからも生徒目線を持ち続け、学び続ける講師として成長していきたいです。

To know is one thing, to teach quite another.











スポンサーサイト
page top
今年、そして来年
今年もいよいよ押し詰まってきましたね。

みなさんにとって今年はどんな年でしたか?

私にとって今年は「頑張らない」年でした。笑

夫がなくなった後、ずっと凹み続けてました。
そして今年の夏を過ぎてから
前を向いて、もう一度歩いてみようかな。。。
となんとなく思い始めました。

無理ぜずに、ゆっくりでいいから。

そう言う意味で「頑張らなかった」年でした。

年末になって来年のことを考え始め、
今年よりは少し頑張ってみようかな。。。
と思っています。

滞っているTOEICの自己ベスト更新。
これは第一目標にしたいところです。

その中でもPart7で全問正解は成し遂げたいですね。
これができれば満点に手が届くかも。かも。かも。笑

フランス語もそろそろ再開しないと。。。
あれだけ苦労して覚えた文法もconjugaison(動詞活用)も
忘れてしまいそうです。

仏検準1級は取りたいので、さて、どうやって
対策を立てるかな?

あと4日考えて、来年のnew year's resolutions として
お正月に決定したいと思います。
page top
顔見世で今年の締めくくり
甲府から帰った翌日。
月曜日に京都南座に行きました。

毎年恒例の顔見世観覧です。

私が楽しみにしていたのは
午前の部、最後の狂言の「土蜘」(つちぐも)です。

以前から見たいと思っていました。

蜘蛛の精を演じるのは片岡仁左衛門。

セリフは少ないのですが、仁左衛門の醸し出す
オーラは観客を圧倒します。

演技といい、立ち居振る舞いといい、
どんな役を演じても素晴らしいの一言です。

いつまでも現役で演じ続けて欲しいです。

顔見世を見終わると
今年もいよいよ終わり、と感じます。

来年も歌舞伎を見まくるぞ!

page top
甲府へ週末旅行
木曜日から2泊で甲府に行ってきました。

金曜日に一日使って甲府界隈と河口湖を満喫しました。

朝9時から甲府城(舞鶴城)跡を散歩しました。
何も下調べをせずに出かけたので、到着後に
甲府が城下町だったことを知りびっくりしました。

天守台は残っているので、上まで登りました。
360°の大panorama viewは見事でした。
もちろん富士山もバッチリ見えました。


そして、甲府といえば武田信玄ですが、信玄は築城していなかったことを
知り、さらに驚きました。(^^;
甲府城は武田氏の滅亡後に建てられたのだそうです。

その後、甲府在住の友人と待ち合わせて武田神社を訪ねました。
神社の入口で私の目を奪ったのは濠でした。

神社なのに、どうして周囲に濠を巡らせているんだろう?
と思ったのですが、今の神社の敷地には昔、武田信玄の
住居があったそうです。
信玄は城を築かずにどこに住んだのだろうと不思議だったのですが、
これでガッテン!!しました。

甲斐国は四方を山に囲まれているため、その山が
自然の要塞となり、城という要塞は必要なかったそうです。
なるほどねぇ。

その後、車で河口湖へ向かいました。
その日は超快晴。雲ひとつありませんでした。
真っ青な空を背景に、河口湖のすぐ後ろに冠雪した富士山が堂々とそびえ立ち、
文字通りpicturesqueでした。

表富士も裏富士も
富士山はphotogenic。
ついつい何枚も写真を撮ってしまいました。

夕方からは河口湖畔の温泉に入り
ゆっくりくつろぎました。
この数ヶ月で溜まりに溜まった
仕事の疲れが徐々に癒されました。

少し早目に河口湖を出発し
帰途につきました。
甲府に戻る前に石和温泉近くで
地元名物「ほうとう」をいただきました。
いやいや、これは美味しい。
具に使われてるかぼちゃの切り身が
大きくて、ホクホクで最高です。
だしが効いた味噌のおつゆと
ごっついうどんがうまく絡み合って
絶妙のハーモニーです。

今回は時間がなくてワイナリーに行けなくて
残念に思っていたのですが、
ほうとうが美味しかったので、帳消しです。

たった一日の滞在でしたが、満喫しました!

温泉の数が半端ないので、次に来たら
温泉めぐりですね。

甲府、なかなか良かったです!
page top
continue!
みなさまお久しぶりです。

またまたブログの更新が滞ってしまいました。

9月から仕事の量が倍増して
家でもかなり仕事をしていました。
そういうことで、ブログを更新する余裕がなくなってしまいました。

仕事をたくさんいただけるのはありがたいことですので
感謝しておりますが、自分の生活ペースを守れるくらいに
コントロールしたいものですね。

この12月で元の生活のペースに戻れることになり
やっと更新できました。ふぅ~っ

ドタバタしているうちに、1月のTOEIC申し込みを
逃してしまいました。グスン・・・涙

次は3月ですね。十分な準備をして
臨みます。一年ぶりの受験となります。

来年はTOEICがリニューアルされるということで
cnn english express1月号にもリニューアルポイントのまとめが
掲載されておりました。

記事による変更ポイントを見ると、ちょうど1年ほど前に受験した
当局主催の英語力テストとほぼ同じ内容です。

「あんな問題が出るんだな」と思い出していました。
グラフを使った問題はすごく難しかったのを覚えています。
地図を使った問題もありました。
リスニングでは先読みが使えない問題もありました。
テクニックが効きにくい問題がいくつか入っているという
印象です。テクニックに頼りすぎていると、そういう問題で
点が取りにくくなるかもしれないな、と思いました。

現在の形式もあと数回で終わりですね。

3世代目のTOEICもとても楽しみです!
© 英語ときどきフランス語 Cafe. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。