page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
スピーキングうまくなりたい!
これまでリスニング中心だったのをスピーキング中心に
変えて1週間。トレーニングの80%を日英にしました。

聞けばわかるけど、話そうと思うとなかなか出てこない単語が
増えてしまいました。英語を話す機会が激減して1年くらいですが、こんなにも
話せなくなるなんて・・・
やっぱりいっぱい話さないとダメですね。聞いてるだけじゃ絶対に話せるようには
ならない!

今やっているスピーキング練習は、
茅ヶ崎方式のC1(初級)のテキストを使って日英クイック英作。
日本語を読んで、間髪入れすに英語を出します。
1回につき10文ずつ。

とにかく考えるスキを自分に与えないように、どんどん進みます。

これをやっていていつも思うのは、英語ってやっぱり動詞

とにかく動詞の使い方を徹底的に征服です!
自・他の区別、前置詞との組み合わせ、
どんな目的語と相性がいいのか。態、時制、助動詞など文法事項の多くが
動詞絡みです。動詞が使いこなせないと、そもそも文章を組み立てられないのです。

その次に語彙ですね。名詞、形容詞、副詞。それにコロケーション。

語彙・表現を増やすために茅ヶ崎方式C3(上級)テキストの文章を1週間に10個、
初級ニュース1本と上級ニュース2本をリスニングしてその後完全暗誦。
それにプラスして週間STやJapan Times Weekly、timed reading用のテキストなどをとにかく乱読してます。
ひとつの記事を1回読んだあと、口頭で要旨を言う練習もすれば効果倍増o(^o^)o ワーイ!

英検クラスでは発言の機会が結構あるので、「次はきちんとした文章で話すぞ」と思うと
暗記に対する心構えも積極的になりました。

頭でわかっててもいざ口にすると間違えちゃうんですよねェ。
Paralympicsって、名詞は複数にしますが、つい複数のSを落としちゃったり。
「新聞購読してます」でsubscribe to~なのにtoを落としたり。(゚д゚)アリエン・・・

毎回何かしら言い間違えて落ち込んでます。(つд⊂)ウウウ・・・

今日のケンブリッジ英検クラスでは、
●短いニュース3本リスニング。1回聞いて口頭で要旨を出す練習。

●4枚の写真を見てそれぞれ何のニュースかを考えてペアーでディスカション。
その中にイルカ漁らしき写真があり、ケネディ駐日大使がツイッターで
批判したことや、そもそもなぜイルカ漁が世界から批判されるのかなどを
話し合いました。

●ライティング。与えられた条件を使って約200ワードのアーティクルを書く。
読み手は誰か、どんなスタイルで書くか、読み手に興味を持ってもらえるような
でだし文を考える、副詞を効果的に使うなど、いろいろな技術を習いました。
これは宿題。

今日も3時間えいご漬け。あっという間に終わりました。
スピーキング力を加速的に上げるためにオンライン英会話かカランメソッドを
検討中です。


スポンサーサイト
page top
ケンブリッジ英検Prepコース1回目です
今日の朝、駅に行くと、いつになく大勢の学生さんで溢れかえっていました。
何事?と思ったら、センター試験なんですね。
今日、明日はかなり冷え込むらしいので、体調に気をつけて
頑張ってほしいです!本当に寒い!

私は第一回目のケンブリッジ英検CAE prepコースへ行ってきました。
10:00AM~13:00PMの3時間、途中休憩5分ほどで
みっちり勉強してきました!

3時間も英語だけでいけるかな・・・ちょっと心配でしたが、
クラスメート(今日は私も含め4名出席)が皆さん流暢にお話になるので、
意見がたくさん出てあっという間に時間が過ぎました。

先生がホワイトボードに4つほど今日の課題を書いてくれていましたが、
結局2/3以上がスピーキング、1/3がリーディングで終わってしまいました。

CAEで聞かれるような質問をペアワークでディスカッションしたあと、
改めて先生を含めて全員でシェアーし、先生がより効果的な単語や表現を
教えてくれる、というタスクを2ラウンドしました。

1ラウンド目は・・・●最近の身の回り/地域/国の出来事。
          大学入試の英語試験をTOEFLで代用することについてや
          安倍首相の靖国参拝などが話題になりました。

2ラウンド目は・・・●あなたはどんな方法でニュースを知るか?
          ●ネットニュースや24時間ニュースは紙バージョンの新聞に
           どんな影響を与えるか?
          ●テレビ視聴の将来は?

メディア関連のお題は英検1級でも頻出ですね。家に帰ってからいろいろ調べて
意見をまとめておきました。1週間かけて口頭練習します。

数年前の英検1級の2次対策本を見ると、
「紙の新聞は折りたたんで持ち運べる・軽いという利便性があるので
新聞は生き残る」
なんていう模範解答が有りました。でも今はこの答えはちょっと使えませんね。
確かに軽いし持ち運びは便利だけど、今やスマホやタブレットが登場しましたから。
科学技術や医療関連の話題は変化が早すぎてあっという間に模範解答が使えなくなりますね。

残りの時間はアーティクルの速読と口頭でのサマライズでした。
「甘いもの好きは遺伝による」という研究結果についての新聞記事を
2分で読み、記事を見ずに要旨を言うというタスクでした。
このタスクは緊張感があって面白かったです。

その後、先生から内容について質問があり、記憶だけで答えました。
そして最後に記事に出てきたコロケーションを皆でピックアップして
りフレーズしました。
アクティビティーを使ったレッスンは、習ったことが記憶に残りやすいですね。

このクラスではどんなタスクもペアーやグループで行います。
これは、ケンブリッジ英検のスピーキングテストがペアーや、場合によってグループで
行われるからです。ペアーの相手やグループメンバーの意見もきちんと整理して
理解する必要があるのです。実際のテストをしっかり反映し、レッスンを受けることで
テスト慣れするという計算づくめのクラスです。

とても充実したレッスンで、大満足でした。
なんと言っても担当の先生が素晴らしいファシリテーターでした。レッスンの流れがスムーズで無駄がない。
説明がわかりやすいし、ジョークも面白い!!
そしてクラスメートもフレンドリーで、すぐに打ち解けられました。
ぜったい合格するぞ、という気持ちになれるクラスでhappyです。o(^▽^)o

これからのレッスンがとても楽しみです!

          


page top
CAEの対策
独り暮らしの母が引越しをしました。
このところ引越しの片付けを一日中手伝っていました。

引き続きひとり暮らしなのですが、
なんであんなに荷物があるんでしょうねェ。

もうしばらく片付けの手伝いから
解放されそうにありません。

勉強する時間が確保できそうにないので、
今はケンブリッジ英検に向けての対策を練っています。

この試験は読・聴・書・話の4技能をおよそ4時間30分かけて
行います。各技能がさらに細かく分かれているため、様々な
対策が必要になりそうです。

とりあえずCambridge ESOLから出ているAuthentic Examination Papersという
問題集と、Official Top Tips for CAEというテストのアウトラインと
コツを紹介した本を購入し、中身を精査しているところです。

Cambridge English Advanced 5 Self-study Pack (Student's Book with Answers and Audio CDs (2)): Authentic Examination Papers from Cambridge ESOL (CAE Practice Tests)Cambridge English Advanced 5 Self-study Pack (Student's Book with Answers and Audio CDs (2)): Authentic Examination Papers from Cambridge ESOL (CAE Practice Tests)
(2012/11/01)
Cambridge ESOL

商品詳細を見る


The Official Top Tips for CAE with CD-ROMThe Official Top Tips for CAE with CD-ROM
(2010/02/11)
Cambridge ESOL

商品詳細を見る

試験のイメージが沸かないんですよね
「ちょっとお試しに」気軽に受けられる受験料じゃないので、
受かるつもりで受けないと。IELTSやTOEFLと同じくらいの金額です。
なんだったら一つ手前のレベルのFirstから始めるのも
いいかもしれません。

いろんな意味でなかなか手ごわそうです。

特にスピーキングがペアーまたはグループで行われ、
いくつかの違うテーマに対して自分の意見を1分で話す機会が何回かあったり
グループディスカッションもあるようです。内容が濃い!!

どんな質問に対しても一貫性のある意見を理路整然と話せるように
特訓をしなくては太刀打ちできません。ネタもしっかりストックしないと。

さてさて、どんなマテリアルをどうやって使おうか。
悩みどころです。
スピーキングに使う場合、難しすぎる文章のマテは不向きなので、
そのまま話し言葉に使えそうなレベルの文章で書かれたものが
いいんですよね。
たとえばJapan Timesよりは週間STとか。
雑誌TIMEよりはReaders Digestとか。
TIME誌もアイディアのヒントとして読むのは
面白いかも。

今、去年のTIMEが手元にあるんですが、
The Childfree Life っていうカバーストーリー。
ちょっと面白そうです。

とりあえず半年単位で自分の習熟度をチェックしながら
2年以内にはなんとか合格できたらいいなと思います。
一応の合格目標は1年後ですが。


TOEICはどうしようかな。
毎回受験はしばらくお休みしますが、年に何回かは
受けたいです。
別の視点からTOEICを見てみれば、新しい気づきが
あるかもしれないしね。

どなたかケンブリッジ英検受験しませんか?



page top
187回(1月)TOEIC感想
本日のTOEICの感想。

メジャーフォーム。
難易度は全体的に平均的だったように思います。

リスニングで全く聞き取れない箇所がありました。

以前、同じ会場で受験したときはかなりクリアーで音質が良かったので
今日も期待していたのに・・・音声が文字化けしたのかと思うくらい
「???」なところがありました。音の原型を留めてないというか・・・


何回も受験していれば、たまにはこんなこともあるのかな?
仕方ありません。逆にラッキーが重なることもあるんだし、
今回のことは引きずらないようにします。

う~ん、でもやっぱり悔しい・・・

リーディング
文法は、勘違いやマークミスがなければ全部できたように思います。
迷った問題はなかったです。
12月のスコアーでは文法は100%だったので、今回も100%を期待しています。
文法以外ではPart7で明らかに間違いが発覚。語彙が一つ、クロスリファレンスが
一つ。

Part6でIn additionにしたところが、神崎先生のラジオではHoweverと言っていました。
これが間違っていたらトータル3問間違いです。今のところ・・・

自分で気がついてない間違いもきっとあるでしょうから、今回は自己ベスト更新は
無理そうです。リスニングは聞こえなかったところも、話の流れをヒントにして
答えを選んだけど、どうでしょうね。

調子のいい時もあれば悪い時もあるよね。
次回頑張ります!

page top
今週1週間の課題
お正月休暇も終わり。

皆さん、良い年始をお過ごしになりましたでしょうか?

1月のTOEICがもう1週間後に迫っています。早いですね。

ほぼ予定通りドリル本を終了しましたが、
スヨン先生のリーディングドリル300ができなかったので
今週、模試として使います。

リスニングチャレンジドリル300
引き続き音読パッケージメインパートトレーニングを使って
Part4,Q71~73のトークを2日かけて口頭練習。
このトレーニングメニューに従って練習して、ひとつの素材につき
音読、りピーティング、シャドーイング合わせて50回以上に、
リスニング回数も同じくらいになったと思う。
暗記しようとしてないのですが、だんだんスムーズに口からでるように
なってきました。

この本によると、トレーニングを重ねていくと新しい素材に移ってもListen & Repeatを仕上げる時間が次第に短くてすむようになり、トレーニング負荷が少なくなっていくらしい。今はまだ何回も練習しないと仕上がらないので、喉が痛くなるくらい負荷がかかっています。
でも、繰り返し繰り返し練習をしてListen & Repeatがスムーズに出るようになると
達成感があるのでこのトレーニングけっこう好きです。

(参考)音読パッケージトレーニング
 ↓
 http://homepage3.nifty.com/mutuno/05_training/05_training01.html

文法必殺解答ルール292
10日かけて最後まで終了しました。
このドリル、やってよかったです。本当に勉強になりました。間違えた問題、あやふやな箇所、再度要チェックな文法ポイントがナント30個以上になりました。中には少し複雑で難しめの問題文も。
「800突破」とありますが、なかなかchallengingかも。英語の各品詞のルールを一つ一つ丁寧におさらいするつもりで、文法書・辞書も使いながらじっくり取り組むのも良いと思います。

<このドリルの目指す所と私の感想>
文法問題の完全解答を目指す
 ⇒問題を解くことにより文法・語法をもう一歩深められた。このドリルを完璧に仕上げればTOEICの基本的文法問題はしっかりカバーできると思った。
  解説・日本語訳をを参考に英文ライティングの練習に使ってみたい。
  これからもドリル兼簡易参考書として長く愛用していきます。
           

文法問題の全出題パターンを網羅 ⇒さすが韓流。無駄がない。

出題意図を把握して解答する力をつける ⇒解説がクリアーなのでテスティングポイントを正確につかめるようになった。

効率的な解答方法の提示 ⇒脳にインストールして類似問題に出会った時に確実に応用できるようにする。

模試オンリーだと、模試に出てこなかった文法や語法が抜け落ちる可能性があるので、
時々はこういうドリルで総復習をして文法の「穴埋め」をするのも必要かな。
今日はif節に「will」が入るパターンをじっくり勉強しました。

参考 No.182(P133) 初版第一版ですが、和訳で「はちみつ」と「砂糖」が逆になっていました。


鉄板シーン攻略 読解 [part7]
今日最後まで終了しました。
スートリー自体はTOEICのお決まりパターン。グプタ的な面白さもちょっと期待してたのですが、しっかりお勉強本でした。とはいえ、解説がわかりやすく、part7における自分の弱点がクリアーに浮かび上がりました。特に、答えの根拠が見つけにくい問題はしっかり間違えたので、見つけにくい根拠でも確実に見つけられるように繰り返し復習しようと思います。

今週は模試を開始。同時に終了したドリル本の復習を徹底的にしていきます。
また、今回は特にリスニングとPart7に重点的に取り組みます。

・リスニングは音読パッケージで基礎練習を重ね、リスニング100問を一日最低2セットこなす。
・part7は鉄板シーンで弱点を克服しつつ、こちらも2セットこなす。
・文法はスヨン先生のドリルで間違えたところをしっかり確認。二度と間違えないようにする。

月曜日、いいスタートを切りたいと思います。
みなさん、寒いけどしっかり体調管理して頑張りましょう!



page top
Part3,4の音読パッケージトレーニング
きのうスヨン先生の「リスニング 差がつくチャレンジドリル300」
を終了しました。

リスニングドリル本は一度使ったらトレーニング用としてreuseする
ことにしています。

特にPart3は自分の言葉にしてしまいたい表現がたくさんある。

Part4では使える表現があるだけでなく、ある程度の長さのトークを
順序よく組み立てて話す手本になる。

ドリル本、模試はよくできたスピーキングマニュアルみたいなものなので
一度使って終わりでは、ダイヤモンドをどぶに捨てるくらいもったいないです。

今まではシャドーイングと音読だけで終わっていたのですが、
今回からはもっと徹底的に使い倒すために
「音読パッケージトレーニング」のプロセスを使って口頭練習を
することにしました。

 ↓
みるみる英語力がアップする音読パッケージトレーニング(CD BOOK)みるみる英語力がアップする音読パッケージトレーニング(CD BOOK)
(2009/11/20)
森沢 洋介

商品詳細を見る

第一回目はリスニングチャレンジドリル300のPart3、
Q41~43の会話を使用して音読パッケージトレーニングを行いました。

このトレーニングの特徴はまず耳から入ることです。
大まかな流れは、
①音声だけではこれ以上聞いてもわからない、というところまで聞いて聞いて聞きまくるという
 先行リスニング段階。
②スクリプト無しで音だけでりピーティング段階。

この段階まではとにかく音を認識することに集中します。

③スクリプトを見ながらりピーティング。
④音読
⑤テキスト無しりピーティング
⑥シャドーイング

今日はここまで終了。

このサイクルには和訳を確認する段階がありません。
「スクリプトを読めばすぐに理解できる」ものを使用するのが
基本です。
TOEICを素材にするときは、知らない表現も出てきますので
どこかの段階で意味を確認したほうがいいと思いました。

この音読パッケージには実際はもっと細かい指示が書かれています。
その通りにやってみての感想。ぎりぎりまでスクリプトを見ないことで
なんとかして音だけで理解しようという集中力がわく、
スクリプト(文字)に頼ろうとしなくなる、ストレスのかかっている
箇所やイントネーションに敏感になるなど、いろいろな利点が
あったと思います。

明日はPart4を使ってやってみたいと思います。

文法ルール292、副詞まで終了。






page top
盲導馬? a seeing-eye equine
今年は午年ですね。

馬に関する面白い記事を読みました。

guide dogs ならぬ guide horses の記事です。
(TOEIC等に役立ちそうな語彙・語法を赤くしてあります)

記事(Reader's Digest, Dec 2013) によると

The animals are miniature horses, no more than 86cm high at
the withers and are extensively trained, just as a guide dogs are
(including house training).

withersとは、馬などの両肩甲骨のちょうど真ん中辺りにある隆起部分のことです。

馬のサイズは

larger than a labrador but equally useful

なんだそうです。

さらに盲導犬と同じようにオーナーと一緒に飛行機など公共交通機関を使用し、
ビルなどにも入って行くそうです。

蹄で歩くため、必要なら

wear specially made shoes to avoid slipping on floors

そうですよね。馬が転んだらオーナーも転んでしまいます。
安全のために「靴」も必要ですね。

ところでなぜ盲導馬が必要なのでしょう。

They might be chosen in preference to a guide dog
because the handler is afraid of dogs or wants that will
live longer.

馬の方が長生きなんですね。
また、devout(敬虔)なイスラム教徒の場合、

a dog would not be permitted inside the house

という宗教的な事情で盲導犬をパートナーにできない
人たちのニーズがあるようです。

ちなみに盲導馬は屋外で寝るそうです。

記事の写真を見るとミニチュアとはいえ結構大きいのですが、飛行機の中で
馬用のスペースってどうするんでしょうね?緊急脱出は?

動物って私たちが思っている以上に様々な能力を持っているのですね。
そしてヒトとは全く違う種なのにcompanionとして私たちを助けてくれる
すばらしい存在になれる生き物だと思います。







page top
2014年スタートです
明けましておめでとうございます!
 
昨年はブロガーのみなさまから本当にたくさんのことを
教えていただきました。

ブログを通じて全国のトイッカーの存在を知り、質問をすれば
快く答えてくださり、オフ会では初対面にもかかわらず
気さくに話しかけて下さるTOEICブロガーの存在は私にとって
宝物です。

特に、対象外ではありましたが
トミープロジェクトに参加させていただいたことは、
私にとってたいへん大きな意味が有りました。

学習モデルを身につけたことはもちろん、たくさんの学習仲間と
喜び・辛さを分かち合いながら勉強できたのは価値ある経験でした。

今後も私の学習姿勢に大きな影響を与え続けるでしょう。

みなさん、本当にありがとうございました!

これからもブログで英語学習を盛り上げ、お互いに学び合いましょう!

さて、いよいよ2014年が始まりましたね。
今年の目標はすでに決まっているので、
目標に向かってまっすぐ走るだけです。


1月12日の公開テストまではTOEIC形式の学習を
続けますが、その後はケンブリッジ英検の準備を
開始します。TOEICとは内容も形式も違うので、
しばらくTOEICから距離を置くことになりそうです。

とは言え、同じ英語ですからケンブリッジ英検と
時事英語の学習でどのくらいTOEICスコアーを維持できるのかにも
興味があるので、何回かはTOEICも受験します。

イギリス英語を専門にしている学校"UKPLUS"での勉強が
1月18日からスタートします。
スタッフもBritish Englishで話す学校で、私はAmericanアクセント。
プレイスメントテストの時にとっても場違いな感じがしたのですが、
そんなことは気にしない!
何が何でも合格したいので、ガツガツ行きます!

グループレッスンなので、勉強仲間ができそうです。
楽しみです。


お正月も休まず文法292形容詞まで終了。
「リスニング 差がつくチャレンジドリル300」の
ドリル2終了。音読。

今年もご指導どうぞよろしくお願いいたします。



© 英語ときどきフランス語 Cafe. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。