page top
発音矯正のコツ
友人の息子さん(大学生)に発音矯正のレッスンをつけています。

今度学校で英語でのプレゼンがあるそうで、どうしても発音を治したいとのこと。
オーストラリアに短期留学したことがあるそうですが、同級生から、
「おまえ、未だにそんな発音してんのか?」と言われ、かなりショックだったとか。

すでに3回レッスンしましたが、音感が良く、飲み込みも早いため
一回一回進歩が見られます。
自宅でDVDとCDで自主トレーニングをしてきてもらい、
成果を見せてもらって、矯正していきます。

レッスンをしていて思うのは、発音矯正は結構難しいです。
根本原因は耳と口の連携がうまくできていないこと。
聴く→音マネをする、という練習の絶対量が少なすぎます。
そして、舌の位置、口の形、発声を学ぶ機会がなかったことです。

根本的な発音矯正にはかなり時間がかかりますが、
ちょっとしたことでかなり上手に聞こえるコツがあります。

ひとつは子音を思いっきり強く発音してみることです。
基本的に日本人の子音の発音は弱すぎる傾向があります。
特に破裂音を強く発音するとかなり英語っぽく聞こえるようになります。

もうもうひとつは母音を少し長めに発音してみることです。
自分では少し大げさだな、と思うくらいでちょうどいいです。
母音を長めに発音すると、英語がなめらかになります。
英語がブチブチ切れてしまう人は、これで優雅に聞こえるようになります。

この2点に注意して音読すると、読みがかなり上達した用に感じられると思います。
一度お試しください。

トミプロday3終了。part3で情報を組み合わせて答える問題にやられました。(^^;

1/21のトミーさんのブログに「gouter de roi」というラスクの写真が載ってました。
なんて美味しそうなんでしょう。made in Franceかなあ?
日本で手に入るなら買ってみたい。だって「王様のおやつ」って意味だもん。
さぞかし美味しいに違いありません。
スポンサーサイト
page top
やり遂げる
科学技術セクションの音読が終了しました!
ひとつのタスクをやり遂げるととても充実感があります。
そして、「また次もがんばるぞ!」というやる気が湧いていきます。

ひとつが2分前後のパッセージの音読は疲れますねぇー。
おかげでこの音読を始めてから1kg以上体重が減りました!

エアコン入れて音読すると喉がカラカラになるので、今日から加湿器をONにしました。
いやーー随分と楽です。喉が痛くならない!

もっと早く使えばよかったです。(^^;

音読愛好家のみなさん、音読の際には加湿器をご使用になることを
おすすめします。インフル予防にもいいらしいです。

インフル予防といえば、「R1ヨーグルトがいい」とTVで聞いたことがあります。
給食でR1ヨーグルトを出しているある小学校では、インフルの罹患率が極端に
低かった、という内容でした。

私はR1ヨーグルトのドリンクタイプ(低糖低カロリー)でフルーツジュースを
作って飲んでいます。作り方はいたって簡単。

(レシピ)
イチゴ(半パック)、りんご1個、100%オレンジジュース200CCくらい、バナナ半分、
生パイナップルお好みで1~2切れ、R1ヨーグルトドリンクタイプ1本、ハチミツ大さじ3
をミキサーにかけます。

はい、出来上がり。フルーツはお好きなものを入れたらいいと思います。はちみつもお好みで
量を調節してください。今の季節、イチゴが安く手に入るので、ふんだんに使ってます。

結構お腹が膨れるので、お食事前に飲むとご飯の量が減ります。ヽ( ̄▽ ̄)ノ

これをほぼ毎日飲んでいるせいか、インフルのみならず風邪すらひきません。

カロリーとお腹まわりを気にしない方は、これにバニラアイスをいれるとコクが出て
めちゃめちゃ美味しいです。

インフル予防にはもちろん、帰宅後すぐに「うがい、手洗い」はマストですよ。


明日から新しいセクション「環境・食糧」に入ります。このトピックも
出題率非常に高いので、しっかり行きます!

andトミプロday1無事終了。よかった・・・・

page top
音読の手順~みゅうみゅう式~その2
今日も2トピックの音読をしました。

今回の文単音読は1トピック10回と決めています。
なるべく早く1冊終わりたいからです。
まずは最後まで一通り音読し、全トピック終わったら
また最初のトピックから10回ずつ音読します。

新しく覚える単語は一度に50回発音して覚えるよりも、
10回ずつ、5周したほうが私は定着しやすいと思います。

少し時間をおいて、何度も繰り返しその単語に出会うほうが
思い出す機会が多く与えられるからです。

その10回のうち、8回目と9回目はスクリプトなしで
シャドーイングをします。
内容が理解できているかどうかを確認するためです。
暗記はしていません。

内容が理解できていると、暗記してなくてもスムーズにシャドーイングが
できます。理解できていないと、音は取れてもつっかえる箇所が
多くなりがちです。シャドーイングは0.9倍速に落とします。
ラスト10回目で理解できていないところを強く意識して音読して、
終了。強制的に次のトピックへ移ります。

これを始めてから、「1級英作文」のトピック暗記の時短になりました。
またリーディングやリスニングも楽になってきました。
おそらく音読が英語回路構築にいい影響を与えているのだと思います。

私の音読のプライオリティーは高得点を取ることではありません。結果的に点数が上がればいいと思ってます。
もちろん音読はテストの点数を上げるにも十分効果があります。
私が中級レベルだった時に劇的な効果がありました。6ヶ月間ひたすら音読を続け、TOEIC805→905
と100点アップしました。

今は点数より、日本語を話すように英語も話したいからです。
話したいならスピーキングまたは、スピーキングと同じ効果のある
トレーニングをするのが効果的です。
そのトレーニングは音読とリーディング(黙読)を併用することです。

スラスラ読めるレベルの素材を大量に読むことも英語脳構築に
多大な効果があるように思います。

日常会話なら、TOEICを素材にするのもいいですね。

fin

明日からいよいよトミプロが始まります。
なんだか緊張してきました。(^^;


page top
音読の手順~みゅうみゅう式~
英検文単の音読を進めています。

一日最低1パッセージ、できれば2パッセージを音読しています。
様々なパッセージと単語に幅広く、スピーディーに触れるのが
目的なので、10回音読したらそのパッセージは終了です。

私は理系の話題が好きなので、科学・技術セクションから開始。
12パッセージを終了しました。あと4パッセージでこのセクションを
終了です。

さて、私の外国語勉強法は英語・フランス語とも、音読が中心です。
決して音読至上主義ではなく、自分に合っているのだと思います。

その手順は・・・
まず、パッセージを通してリスニング。わからない箇所があれば
もう一度聞きます。少しずつわかってきますが、何度聞いてもどうしても
??な箇所が残ります。

この最初のリスニングは3回~5回でストップします。だいたい80%~90%分かる
くらいで、いくつか知らない単語や表現が残ります。
知らない単語・表現がパッセージの
どのあたりに出てきたかをなんとなく記憶しときます。
また、知らなくても文脈から意味を想像します。

初回からきちんと各文の意味を考え、各段落のメインサブジェクトと具体例を
確認しながら文脈を追いかけます。
←英検のリスニングはこれがとても大事!!

初回リスニングの回数を制限しているのは、3回聞いても理解できない箇所や単語は
それ以上聞いてもふつうはわかるようにはならないからです。その理由は、未知の単語や表現
なことがほとんどだからです。
知らないものは、音が取れても「理解」はできません。

ここまでで理解できた箇所と、できなかった箇所をきちんと認識しておきます。
何がわかって、何がわからなかったのか。

次にスクリプトを見ながらリスニングします。
まずは、リスニングしながらわからなかった単語にマーカーします。
その単語が自分が想像していた通りだったか、推測した意味と合致していたか、していなかったかなど
素早く判断しながら作業します。
一回で出来なければ、もう一度リスニングしながら取りこぼした単語にマークします。

次に、マークした単語・表現・構文などをきちんと調べ、発音や意味、解釈を頭に
叩き込みます。
そして今度は音声なしで、自分が理解できるスピードで3~5回、意味を把握しながら
音読します。
この段階でパッセージすべてが理解できるようにします。

本当の音読はここからです。

ここから10回音読します。

音読で大事なのは、音読する前準備です。

意味や発音が分からずに音読しても効果はありません。

知らない単語や表現、構文は音読を始める前に調べて、
音読しながらでも意味が取れる状態にしましょう
←これ大事!!

続きはまた次回。
To be continued.




page top
発音矯正の自力学習
The Future of Farmingの暗記2日目です。

今回はいつもよりも発声、発音に気をつけて
音読・暗記をしています。

オーバーラッピングやシャドーイングをしていて
どうしてもナレーターと同じ発音ができない時があります。

どうやったらああいう音になるのか。
試行錯誤を繰り返すのですが、
自力では解決しません。

そこで子音・母音の発声を基本から
一度やり直してみようと思いました。

発音矯正のテキストはいろいろ出ていますが、
これを使ってみることにしました。

英語発音、日本人でもここまでできます。―発声から変える川合メソッド英語発音、日本人でもここまでできます。―発声から変える川合メソッド
(2010/12)
川合 典子

商品詳細を見る


日本人が開発した日本人のための発音矯正メソッドです。

腹式呼吸、発声練習(合唱団がするような発声練習)、すべての子音母音、
単語単位の発音、文単位の発音と徐々にステップアップできます。

特に英語を話すときに障害になるような日本人の癖にも
フォーカスしているので、自分の発音の欠点がわかりやすいです。

著者自らが付属DVDで見本を示してくれるのは
珍しいですよね。ふつうはネイティブタレントが見本になりますから。

日本人の癖を熟知した先生が指導してくれるメリットは
とても大きいです。

DVDで毎日欠かさず発声発音練習をしています。
© 英語ときどきフランス語 Cafe. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG