page top
夏休み!!
医療通訳コースのクラスがきょうから夏休みです!!!
やった~~!!

これから1週間は医療英語は一切しません!

以前にも書きましたが、このコースの宿題の量半端ない。
授業中の緊張感もいつもマックス。

その状態が4月から続いてたので、頭がパンパン状態。
休めるときは半端に休まず、しっかり休みます。

なんでもしっかりやる時と休む時のメリハリをつけるのは
大事ですよね。


7月にあった復習回、めちゃくちゃ緊張しました。
生徒が一人ずつ前に出て
みんなの前で通訳パフォーマンスをしました。
今までやった6つの診察室シチュエーションの復習とはいえ、
どれが当たるかわからないので、めちゃくちゃドキドキしました。
緊張しすぎで、自分の順番が回ってくるまで頭が真っ白。
クラクラしてぼーっとしてしまいました。
でも準備は一生懸命していきましたよ。

当日は先生のアドリブが入り、油断できませんでした。

患者さんの言ったことを聞き漏らしたら英語で聞き直し、
医者の言ったことがよくわからなければ日本語で聞き直す、
という切り替えがなかなか大変で、途中で混乱したりもしましたが、
なんとかギブアップせず最後までやり遂げました。ほっ・・・・

私の担当は「腹痛」の診察シチュエーションでした。
患者さんに腹膜炎の可能性があるということで
聞いたことのない症状がでてきたり
ドクターが「腹膜炎ってごぞんじですか?」というアドリブが入り、
そのあとはしばらくアドリブで腹膜炎の医学的な説明が続きました。
途中、心の中で「勘弁して~」と悲鳴。

前に出て行ったときはすごく緊張していたのですが、
パフォーマンスに入ったら、緊張もすっかり忘れてました。💦
あまりにも必死になってしまいました。

でも自分のベストは尽くしたと思うので、
通訳はへたくそだったと思いますが、満足です。

実際の現場ではもっともっと余裕をもって
精度の高いパフォーマンスをしなければ
二度と仕事は来ないでしょう。

でも教室ではまだ失敗が許されるので
今のうちに自分の弱点をさらけ出して
しっかり矯正していこうと思います。
誤訳は精一杯避けるよう心掛けながら、
スピード感や解釈も大事にして大胆なパフォーマンスを
やってみます。

医師と患者さんそれぞれが一切違和感なく
意思疎通できる。そんな通訳ができるようになりたいです。

今週は、学習が遅れているCELのadvanceコースを片付けて、
来週は今まで出てきた疾患を日英で調べ理解すること、
医療単語の総復習、医療関係のutubeを使って通訳練習。
今月のEnglish Journalのインタビューで通訳練習・・・
などをする予定です。

がんばるぞ!!

明日は友人と「お疲れさん」ランチです!
旧財閥の邸宅をレストランにしたという、
おしゃれなお店を予約。人気のお店で予約も取れない時があるのですが、
今回はお席があって予約できました。
たのしみ~


スポンサーサイト
page top
宿題に追われてます
今日は授業をお休みしました。
今週は「病院案内」がテーマで、この1週間で
70個ほどの単語を宿題で覚えました。
主に、病院の○○科を日⇒英です。

現役医療通訳士の方が講義をしてくださるということで
楽しみにしていたので、絶対に休みたくなかったのですが、
仕方ありませんでした。

学校に問い合わせしたら、授業のDVDがあるので、
メイクアップで見せてもらうことにしました。
よかった!

最近の授業内容は、どんどん難しくなってきています。

医師と外国人患者とのやり取りのスキットの英訳が
かなり大変です。

日⇒英をしていると、日本語は本当にわかりにくいと思います。
主語を何にしたらいいのか、困ることが多いです。

先日のスキットでは、医師が看護婦さんに呼びかける際、
「看護婦さん」というのですが、英語では"nurse"とは
たぶん呼びかけないです。ふつうは名前で、それもファーストネームで
呼びかけるでしょうから、これは困りました。

でも、医療通訳では「省かない。付け加えない。発言は全部訳す」という
ルールがあるので、「看護婦さん!」はしかたなく"nurse!"としました。
生きるの死ぬのの問題は起きませんが、なんだか不自然ですよね。。。

来週からは2週連続で「産科」です。
山のような宿題が待ってます。

頑張るぞ!!
page top
連続出席が途切れました。。。
4月から続いていたフル出席が
今日、途切れてしまいました。。。

ヨウムの爪きりをしていたら、
やってしまった。。。
深爪。

じわじわと出血し始めたので
なんとか止血しようとしたのですが、
なかなか止まらず。

いままで失敗したことがなかったので
止血剤を常備していませんでした。

少し様子を見ていましたが、
爪の先からぽたっ。。。ぽたっ。。。

完全に止まる様子がなかったので、通訳の授業はお休みして
動物病院の午後診に行くことにしました。

その頃にはほぼ止まっていたのですが、
心配だったので診てもらいました。

念のため止血剤を塗ってもらい、
残りの爪はスタッフにお願いして
カットしてもらいました。

こんどからからは爪切りは病院でやってもらうことにします。
よけいな心配するなら最初からプロにまかせたほうが
安心です。

あ~疲れた。。。

このヨウムさん、久しぶりに病院へ行ったのですが、
キャリーにもすんなり入ってくれ、病院でも雄叫びをあげず、
とってもお利口さんにしてくれたのでほっとしました。
スタッフの皆さんもとても親切でした。

出血してしばらく元気がなかったのですが、
帰宅後はおしゃべりが復活して、いつものヨウムちゃんに
戻ってくれて一安心です。
でも、さすがに疲れたようで、いつもより一時間早く
おやすみなさいをしました。

明日の朝はいつもどおり「おかーさん、おはよ~。good morning!」
って言ってくれるかな?

連続出席が途切れても、ヨウムちゃんが
元気になってくれたらいいよ。

また来週から頑張るから。




page top
楽しんでます
医療通訳コースも開始から4回目が終わりました。

コースが始まるまでは「こんな大変な勉強が一年も続くだろうか」
「お金を無駄にするのでは?」と心配ばかりしていました。

いざ始まってみると、クラスメートにも恵まれ、緊張感の中にも
楽しくクラスを受けています。

コース開始前に予告されていたとおり、一週間で覚える英単語は50個。
プラス、医師による問診や検査の英語表現が30個ほど。

そして医師と患者のやり取りのスキットをすべて自力で英訳して、
クラス内では流れてくる音声(医師⇒日本語、患者⇒英語)を
それぞれ英訳、日本語訳を逐次通訳します。
単語帳は見てもOKですが、あくまでも流れてくる会話をりテンションして
原稿を見ずに訳します。

家で繰り返し事前練習をしていくのですが、音声だけで
訳していくのはなかなか難しいです。
英日は比較的なれていますが、日英はこれから
喝を入れて練習しないと、モノになりません。。。

そんな中でも、「今日はどうしましたか?」とか、
「ベッドに仰向けに(うつ伏せに、左下に)なって寝てください」とか、
繰り返しでてくる表現はすぐに口に出るようになりました。

先回は整形外科で、骨の名前を山ほど覚えました。(^_^;)
単語はクラス冒頭にクイックレスポンスで確認します。
クラスメートはみんな、ほぼ完璧に覚えて覚えてくるので、
私もかなり必死で覚えます。本当にみんな、すごいです。
私は理解しないと覚えられないので、解剖図を参考にしながら
ビジュアル的に覚えてます。
人間、本気になれば結構なんとか覚えられるもんですね。

人体のしくみや、病気のしくみを学ぶのはとても
面白いと感じています。
今はインターネットでいろいろ見られるので
本当に助かります。

解剖や外科的な病気の仕組みが動画で立体的に
学べるのです。

先回やった椎間板ヘルニア(herniated disc, disk herniation)も
海外のサイトでヘルニアの仕組みを動画で見て
よくわかりました。

今週のテーマは「腹痛」です。
スキットがちょっと難しいので、1週間みっちり口馴しをして
授業に望みます!

あ、リーディングの宿題もあった。(^_^;)
やらなくちゃ!!

国際きき酒師のレポートもすべて提出しました。
あとは結果を待つだけです。
合格してるかな~??
page top
医療通訳コースが始まりました
先週土曜から医療通訳コースが始まりました。

1回目は医師による概論とオリエンテーションで、
まだ通訳練習っぽいことはしませんでした。
サイトラ(サイトトランスレーション)を少しやってみたくらいです。

次回からは内科系(発熱、感染症など)の講義と、
医療単語・表現の日英クイックレスポンス、
それから医師と患者さんのスキットの逐次訳出練習が
始まります。

次回のクラスはゴールデン明けなので、今回の
ゴールデンウイークはのんびりしてられません。

医療単語を覚えるのはかなり大変です。
日本語のほうに馴染みがないので、まずは
日本語を辞書や医学書で調べないと
理解できなのです。

たとえば今回は、発熱、咽喉痛という主訴で来院した患者さんを
医師が診断するというスキットです。

診断は扁桃腺炎で、英語ではtonsillitis。

この疾患をまず日本語の「家庭の医学」本で調べて、
そのあと英語の「家庭の医学」本でもう一度調べます。
アメリカのMerck Manualはいわゆる家庭の医学本で、
とてもわかりやすく、Web版が無料で見られるので
重宝です。

扁桃腺炎の記事から派生して、streptococcus(レンサ球菌)とか
strep throat(連鎖球菌咽喉炎)とか、bacteriaを殺傷する体の仕組みとかを
英語で読んで理解していきます。

高校生物を英語で勉強している感じです。赤血球とか白血球とか、血小板とか
習ったよな~ red blood cellは知ってるけど、医学用語ではerythrocyteって言うんだそうです。


それでも内科系はまだまだ序の口です。
整形外科になると、細かい骨の名前を英語で覚えるのですが、
聞いたこともないような骨の名前ばかりで、もう無理。
こんな単語、クイックレスポンスできません!!

・・・と、すでに落ちこぼれモードなのですが、40回全レッスン出席が
目標なので、単語が覚えきれてない時でも
とにかく出席する!

勉強のために医療系電子辞書とiPadもばっちり新調したので、
絶対最後までやりきります!

今回の熊本地震のニュースでは出てこないようですが、
怪我したり体調を崩して病院に行きたいけど
日本語わからない外国人の方々もいるんじゃないかと
気になってます。

今はまだまだだけど、一年後にはきっとそういう人たちの
役に立てるようになっていたいです。

熊本の被災者の皆さん、負けずに頑張りましょう!!
© 英語ときどきフランス語 Cafe. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG